RANACOFFEE ビーンズショップ&サイフォンカフェ

コーヒー専門店 香川県高松市牟礼町牟礼2421-13

Category: コーヒー  

コーヒー豆の変更のお知らせ。

ranaicon.jpg

コーヒー豆の変更のお知らせ。
現在の豆が終了次第次の豆に切り替わりますのでおよそ7月ごろになるかと思います。

グァテマラはグァテマラ ラ・フォリーがグァテマラアンティグアソレダーに
コロンビア ビジャ ファティマ ブルボンがコロンビア サントゥアリオ ブルボンになります。

グァテマラアンティグアソレダー
アンティグア産の上質スペシャルティコーヒーとなります。
guatemalasoledad_201606221944440c1.jpg

エリア : アンティグア
農園名 : ソレダー
生産者 : マリア セラヤ アンドラデ
標高 : 1625m
品種 : ブルボン、カトゥーラ
生産処理 : フリーウォッシュド
カッピングプロファイル : スウィート、オレンジ、チェリー、シロッピーマウスフィール、ウェルバランス

グアテマラ、アンティグア州のサカタペケ地区、“サン・フアン・デ・オビスポ”へ通じる道の途中、火山帯に囲まれた山地の中にソレダ-農園はあります。ソレダー農園の起源は100年以上前に遡ります。現オーナー、ルチア・セラヤ女史の曽祖父であったアギーレ氏が1908年に農園を設立したのが歴史の始まりです。当初は大きな1つの農園として“サンタ・クララ”という農園名で呼ばれていました。近年になり“サンタ・クララ農園”からソレダー農園が派生し、曽祖父の情熱を受け継いだセラヤ女史によって洗練された管理が行われています。
ソレダー農園はシェードツリーは適切な日照を得るために毎年一定の丈を剪定しており、安定的な生産量と熟度を保つ一手間がなされています。生産処理は“サンタ・クララ”のマイクロミルを使用し、伝統的なウォッシュドコーヒーとして天日乾燥によって仕上げられます。そして火山帯に囲まれ、1625mに及ぶ高度、肥沃な土壌、そして特殊なマイクロクライメットといった理想的な環境は、素晴らしい特徴を持ったコーヒーを産み出す重要な素地となっているのです。

コロンビア サントゥアリオ ブルボン
至高のコロンビアマイルド
colombiaSantuario.jpg

エリア : カウカ県 ポパヤン
農園名 : サントゥアリオ農園 ミカイ・エリア
生産者 : カミーロ メリサルデ
標高 : 1850m~2100m
品種 : ブルボン
生産処理 : フリーウォッシュド
カッピングプロファイル : アプリコット、スイートオレンジ、シトラス、ジューシー

コロンビア・ポパヤンは山岳地帯が多く、日照・降水量・標高・土壌といったコーヒー栽培の好条件の揃った特産地です。サントゥアリオ農園はポパヤン高原に位置し、南東にはプラケ火山(標高4,646m)を望みます。農園主カミーロ・メリサルデ氏は、古き良き時代のコロンビアマイルドコーヒーの復活を目指し、なおかつ完全にサスティナブルな条件のもと、一から農園を設計し1999年に農園作りをスタートさせました。
サントゥアリオ農園では当初からスペシャルティコーヒー、すなわち「至高のコロンビアマイルド」を目指し、苗木の播種から収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。農園は標高1,850-2,100mの丘陵地にあり、敷地面積は260ha、このうち約188haにコーヒーが栽培されています。農園には豊かな森林が広がり、多様な野生動物の住処となっています。農園は小さな区画に分けて整備されており、作業の記録や管理もしっかりと行われています。シェードツリーにはマメ科の植物を植え、施肥管理は有機肥料の投与のみを行い、 また標高が高いため害虫の問題は皆無で、農薬の散布は行っていません。また、農園の従業員や近隣の地域社会への貢献も積極的に行っています。



今の時期はBLACK BLENDのコーヒー豆とアイスコーヒーが良く出ます。

svfbsfbfsbs.jpg

ドリップアイスとしては中挽きでお挽きしております。
水出しコーヒー(コールドブリュー)は中細挽きでお挽き致します。
ご指定下さいね!!

Newer Entry臨時休業

Older Entry夏の限定マンゴーティラミス 黒毛和牛のチーズハンバーグ モバイル対応HP

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >